貴宝石岩盤浴ホームページ > 貴宝石岩盤浴の特長 > 貴宝石が岩盤浴施設に向く理由

貴宝石®が岩盤浴施設に向く理由

特定波長域の遠赤外線パワーが強い天然鉱石だからです。


多くの岩盤浴メーカーが、「どんな石でも遠赤外線は出るから、どこの石でも同じ」という説明をしています。この説明は、前半は正しく、後半は誤りです。

人体を含む、ほとんど全ての物質は遠赤外線を放射します。しかし、波長域によって、性質が全く異なるのが遠赤外線なのです。(遠赤外線も光(電磁波)の一部です。)

遠赤外線とは生物の生命を育む光そのものですが、光(電磁波)は波長の長さにより分類されます。その内、遠赤外線は熱線と言われ、熱的作用の強い光です。特に波長が、4~14ミクロンの波長帯を「育成光線」と呼び、人や動植物を構成している物質に共鳴共振運動を起こし、熱を発生させる、生命に一番深く関わる光です。

つまり、遠赤外線の波長域の中でも、4~14ミクロンが生命体を構成する分子にとって重要で、特に、水が吸収する6ミクロンの波長が最も重要なのです。岩盤浴用の鉱石は、この6ミクロンの波長にこだわってください。

当社の岩盤浴の基本素材「貴宝石」はこの育成光線を非常に効率よく放射(放射率90%以上)します。このグラフから判る通り、特に「貴宝石」の特長として、水が吸収する波長である6ミクロンの光を非常に強く放射する鉱石であるため、人体の70%の水分に効果的に作用します。

「貴宝石」は、国内で発見された石英(シリカ)を主成分とする鉱石で、人体の水分が吸収する6ミクロンの遠赤外線(育成光線)の光を強く放射するのが特長です

マイナスイオンを優れて放射している


マイナスイオンとは、ご存知の通り、空気のきれいな森や滝の周辺に多く発生するマイナスに帯電した電子で、マイナスイオンが豊富にあると、血液中の浄化作用、細胞の賦活作用、免疫力の増強、自律神経の調整など、健康に効果があると言われています。

「貴宝石」はイオンバランス(マイナスイオン比が高い)に優れた放射性物質を含まない安全なパワー鉱石として、すでに健康産業業界で、高い評価を得ている天然鉱石で、様々な活用製品が市場で活躍している素材です