貴宝石岩盤浴ホームページ > 岩盤浴よくある質問-2

岩盤浴に関するよくある質問-2

ラジウム鉱石を使用した岩盤浴もありますが?

ラジウム鉱石はラドン(気体元素)を作ります。アメリカの研究では、1年間にラドン摂取が原因で肺ガンになり、死亡する人口がアメリカ国内で21,000人います(出典:The Japan Times Weekly, Novemver 6, 2004)。
日本では昔からラドン・ラジウムに対して無頓着だったため、温泉に対する規制はありませんが、諸外国ではIAEAの基準により、ラドンなどの放射性物質は厳しく規制されます。日本もいずれ世界標準に近づいていくと思います。
ただ、日本でラジウム温泉やラドン温泉という施設が、健康に良いとされる理由は、放射性物質が放射するガンマー線(破壊光線とも呼ばれます。)が作り出す、プラスイオンリッチの悪い空気環境や、放射線そのものが、人体に一種のショックを与え、その人の免疫力を励起させるためであろうと思われます。
病気になる人は、免疫力の弱い方が多く、ショック療法的な手段がたまたま効を奏したという事です。
心配なのは、ラジウム岩盤浴施設の場合、ラジウム温泉浴と違い、ガンマー線を放射する鉱石に、長時間直接体を密着させるため、一種の被ばくに相当し、妊娠中の女性の胎児や卵子、男性の精子の遺伝子情報(DNA・生命の設計図)に損傷を与える可能性があるという事です。
病院でも、妊娠中の女性にはガンマー線よりも弱いエックス線のレントゲン撮影すら決してしない事を思い出してください。ガンマー線は、そのレントゲンのエックス線よりも生命体にとって危険な作用をもちます。
放射線ホルミシスを用いた病気治癒効果を謳った施設もありますが、岩盤浴条件下での胎児、卵子、精子のDNAの安全を証明する臨床データはどこにもありません。
また、ラジウム温泉浴施設の多くは、必ず「湯当り」を起こしますので、長時間の入浴はお避け下さい」という表示があります。あまりに悪いイオンバランス環境は、一時的なショック効果を超えると逆に自身の体を弱める場となります。


<イオンバランスの例>



ラジウムから出るラドンは、アメリカでは発ガン物質として、この様な施設には全面禁止になっています。


弊社は、もっと多くの方に安全に健康を増進する場を提供したいと思っています。


貴宝石には有害な放射性物質を一切ふくまないことが検査により証明されてお